食生活だけでなく運動も大切

腸内環境を整えたい時は、まず間違い無く食生活は重要です。内科医としても食生活の重要性を強調していますし、やはり食事が腸内に関係している事だけは確実でしょう。ところで、実は食事だけでは不十分な一面もあります。いくら食事を心がけても、肝心な点が疎かになっていると、環境が改善されない事があるのです。その1つが運動です。そもそもお腹の中には、蠕動運動があります。摂取した食材などを先に送り出す為の運動なのですが、それが活発になるか否かは、普段の運動量に左右される一面があります。

中にはあまり運動量が多くない方も見られるのですが、そのような方に限って腸内環境が良くない事も多いです。蠕動運動があまり活発ではないので、消化不良なども生じがちだからです。そして運動をさぼってしまいますと、片手落ちになってしまいます。食事だけでは不十分で、それを生かす為に運動が必要になるです。いくら良い食材を心がけていても、肝心の運動が不足してしまっていると、お腹の環境も悪くなる傾向があります。重要な蠕動運動が不活発になってしまうからです。ですので食材にこだわるだけでなく、普段の運動を心がけるのも大切です。1駅分を歩くようにしたり、普段からの心がけが重要と言えます。ただし過剰な運動を行うのも、実は良くありません。運動過剰になってしまうと、かえってお腹の状況が悪くなる事もあるからです。運動をする事自体はとてもお腹に良いですが、ほどほどにすべきなのですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *