小豆で腸内環境を整えて便秘とさよなら!

腸内環境が乱れると慢性的な便秘になってしまいます。便秘は出ない辛さだけではなく、肌荒れやストレスなどいろいろな不調を引き起こしてしまいます。そんな便秘に良いといわれるのが食物繊維で、便秘に悩む方の多くが積極的に食物繊維が豊富な食材を食べるようにしていると思います。食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があることを知っていますか?不溶性食物繊維は水分を吸収して便のかさ増しをしてくれ、腸の動きを活発にしてくれる効果があります。水溶性食物繊維は便の水分量を増やしてくれる効果があります。

カチカチの便で悩んでいる人は便を柔らかくしてくれる水溶性食物繊維が豊富な食べ物を積極的に食べるようにすると良いです。そこでおすすめなのが小豆です。よくお饅頭や大福などの和菓子に使われる小豆には、不溶性と水溶性の食物繊維がたっぷりと含まれているので、腸内環境を整えてカチカチの便を柔らかくしてくれるので、頑固な便秘を解消することができます。また、小豆に含まれるサポニンには脂肪燃焼を促す効果もあり、甘い和菓子でも太りにくいのでダイエット中の女性でも続けやすいです。和菓子で小豆を摂るならこしあんより皮が含まれて食物繊維が豊富なつぶあんを選ぶと良いですよ。もし、便秘改善のためにさつまいもやレタスなどの食物繊維が豊富だといわれている食材を食べているのに、ガスが溜まってお腹が張ってしまうと悩んでいる人は、不溶性食物繊維に偏ってしまっている可能性があるので、小豆のような水溶性も含まれる食べ物を食べてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *